株式会社エンジニアパートナー

公式
ブログ blog

エンジニアパートナーの公式ブログです。
採用情報をはじめ、エンジニアパートナーの日々の活動を更新しています。

プラントの仕事

2014年11月14日

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

初めて、プラントの仕事ってイメージがわかない人に簡単に説明をすると工場設備全体のことをさします。

プラントの種類も電力プラント、環境プラント、化学プラント、製鉄プラントとその他数多くあります。

プラントの未経験技術社員に最初にどんな仕事をしたのか聞いてみました。

まず、プラントで仕事をするには、工場や現場で働く必要があります。

この現場ではけがをする行為をしてはいけませんとかこの場所でたばこ吸っていいですよとか仕事をする前に大事なことを入構者安全教育で教えてくれます。

建設業においては、災害や事故などをするのはNGです。

そこから、現場の監督さんと一緒についてプラントの色々なことを学びます。

一緒に仕事すると、いろいろ作業上の指示を受けます。

そうすると全く分からなかったことが、分からない分野・範囲がはっきりして、それについて勉強するようになります。

学校の勉強とは違い、仕事を通じて知識や体験は自分自身の成長を実感できるので、楽しいです。

そうなると、英会話と同じに感じられていた現場の技術の言葉がある日突然理解できるようになります。

そういうふうになるのは、2~3年かかると思います。

そうなるとやればやるほど仕事が楽しくなり、やりがいを感じられることが多くなると思います。

いいことばかりではありません。

現場での人たちとコミュニケーションをとれなったり、仕事自体がきつかったりで辞めていく方もいらっしゃいます。

ほとんどの工事は工事日程が決まっているため、仕事を終わらせるために残業や休日出勤をしないといけなくなります。

ひとりでも多くのひとが建設の仕事を選んでくれるように
良い面や悪い面も考慮しながら参考にして頂ければと。

そう思ってやみません。

では、また。