株式会社エンジニアパートナー

公式
ブログ blog

エンジニアパートナーの公式ブログです。
採用情報をはじめ、エンジニアパートナーの日々の活動を更新しています。

未経験から現場監督へ(アンケート記入)

2016年12月12日

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

弊社では、未経験から現場監督への就業を支援し、定着させているのですが
エンジニアパートナーの先輩社員の声を載せていきたいとおもいます。

建設業界に入ったきっかけは?
知り合いに業界関係者のいたことや未経験でも手に職がつけて、以前に接客業をしていた関係で人と接することが好きだったこともあり施工管理の世界に飛び込みました。

大変だったことは?
屋外作業が多く、配管図面の高さの読み間違え等で怒鳴られたり手順ミスによって生じる工事関係者への損害、現場内での安全意識不足で足場をつまずいて膝を強打等の怪我、予期せぬ資材落下事故が起こることもありますが、仕事をするうえで指示された内容をこなし、報告・連絡・相談といった基本的なことを焦らず期間内に作業を納める心がけを怠っていなければそんなに難しい仕事ではありません。

入った最初のイメージは?
建設業界は体力的にもきつく、厳しい方が多いイメージでしたが
慢性的に深夜まで作業をすることもなく、初めのコミュニケーションを図ってしまえば、気さくな人も多いです。

現場監督のやりがいは?
担当現場が無事完了した時の達成感や様々な職種の人たちと出会う機会もありますので多方面での知識や人と繋がりも増えて将来的に役に立つこともあり(自宅の簡単な補修工事やDIYに活用出来たりする場合もありました。)
大変やりがいと責任感がある仕事でだと思います。
職人さんや協力業者(3社20名ほど)との打ち合わせや交流を通じて、コミュニケーション能力や交渉術も磨かれますし、お互い助け合うことによって急遽、追加変更になった工事も助けてくれたりもします。

最後に
私の経験が建設業の現場監督を志す参考と手助けになれば幸いだと思っております。現場内の作業音も怒号もそのうち慣れてBGMになっていきますよ。

有難う御座いました。

アンケートを載せましたが、その他就業に関して詳しく聞きたい方は
ご連絡いただければ幸いです

宜しくお願い致します。

では、また。